Adobe cs6,CC,Windowsソフト,Macソフト【Xwin.jp】安売り店の格安価格を比較

格安価格を比較Microsoft Office 2013 の格安購入法,【Windows 8.1】,【プロダクトキー&シリアル番号】 Adobeの全ソフト, 【ダウンロード版】激安価格 格安で入手!

カテゴリ: Photoshop使い方講座

コピーした画像を簡単に元画像と同じ位置にピタッと重ねる方法(Photoshop)

Photoshopでコピーした画像を簡単に元画像と同じ位置に重ねる方法です。

ズレてしまったコピー画像を元画像と同じ位置に重ねる時、どんな方法を使ってますか。コピーした画像の不透明度を下げ、少しずつ動かしていく方法もありますが、細かい部分は拡大表示をしたりと、少し面倒だったりします。

今回は不透明度を調整しなくても、もっと簡単にできる方法をご紹介します。

Step01 元画像とコピーした画像

元画像とコピーした画像

左が元画像、右がコピーした画像(切り抜きをした状態)になります。

元画像とズレたコピーした画像

ズレた位置を直す時、不透明度を下げて位置を合わせようとすると、拡大表示や不透明度の調整をするので面倒な作業になります。

Step02 コピーした画像の描画モードを変更する

コピーした画像の描画モードを変更する

コピーした画像のレイヤーを選択し、[描画モード:差の絶対値]に変更します。

コピーした画像の描画モードを差の絶対値に変更

すると、コピーした画像が上図のような状態になります。

描画モードの差の絶対値は、画像がズレて重なると、上下の画像の色によって、ネガのような表示や、色が反転した状態で表示されます。

Step03 コピーした画像の位置を調整する

コピーした画像の位置を調整する

差の絶対値は、同じ画像がぴったりきれいに重なると真っ黒に表示されます。なので、画像が真っ黒に表示されるように、移動ツールで位置を合わせます。

Step04 コピーした画像の描画モードを戻す

コピーした画像の描画モードを戻す

ピタッと画像の位置が合ったら、コピーした画像を選択し[描画モード:通常]に戻します。

描画モードの差の絶対値は、同じ画像をピタッと同じ位置に合わせたりするだけでなく、部分的に手を加えた時の差を見るのにもとても便利です。

他に、スキャナーで大きい画像を分割して取り込んだ後の、画像の貼り合わせにも便利ですよ。

Photoshop 「不透明度」と「塗り」の違い

Photoshopの不透明度と塗りの違いの説明をします。

どちらも、画像などレイヤーの透明度を調整する機能と分かっていてるけど、いまいち違いがはっきりしない。なんとなく値を設定して、こんな感じかな?と使っている方は多いいと思います。

二つの違いをはっきり理解すると、デザイン力も上がり、作業効率アップにもつながります。

1. 不透明度とは

不透明度の値が下がると、レイヤー上にある物(画像・ペイント・レイヤースタイルなど)すべてが透明になり、背景が透けて見えるようになります。

不透明度とは

ドロップシャドウのレイやースタイルを適用しています。画像と一緒にレイヤースタイルの効果も透けて背景が見えます。

背景に画像などを合成

背景に画像などを合成したり、なじませることができます。不透明度0%にすると、レイヤー上の画像が完全に透明になってすべて見えなくなります。

2. 塗りとは

レイヤースタイルを適用したレイヤーの塗りの値を下げると、レイヤースタイルの効果の透明度は維持されたまま、元の画像のみ透明になって背景が透けて見えるようになります。

塗りとは

レイヤースタイルの効果は維持されたまま、元の画像だけが透けてます。

水滴のようなレイヤースタイルの効果

塗り0%にするとレイヤースタイルだけが表示されます。水滴のようなレイヤースタイルの効果だけを使いたい時に便利です。

Photoshopグラデーションマップ

今回はグラデーションマップをご紹介します。

グラデーションマップは、グラデーションを使って画像の色味を調整し、通常のグラデーションと違った使い方をします。

画像の明暗に合わせてグラデーションが適用されます。特に写真の加工に便利ですが、パターンなどの色変更などにも使える便利な機能です。

1. グラデーションマップとは

グラデーションマップとは画像の明暗を、設定したグラデーションの色に置き換える機能です。グラデーションマップのマップは、マッピングの略で、「割り当て」や「対応づける」という意味になります。

グラデーションマップとは
例として、雲模様にグラデーションマップを適用してみます。

[描画色:黒]・[背景色:白]の雲模様に、[青~白]のグラデーションマップを適用しました。

雲模様がつぶれることなく、設定したグラデーションの色に変更されました。

2. グラデーションマップの仕組みについて

グラデーションマップは、画像の最も暗い部分(シャドウ)が、グラデーションの始点。画像の最も明るい部分(ハイライト)がグラデーションの終点になります。グラデーションの始点終点の中間は、画像の中間色にあてあまります。

グラデーションマップの仕組みについて

グラデーションバーの左側が、画像のシャドウ部分。グラデーションバーの右側が、画像のハイライト部分。グラデーションの中間が、画像の中間色になっています。

グラデーションの始点終点の色を逆に変えました
グラデーションの始点終点の色を逆に変えました。始点がシャドウで終点がハイライトなので、先ほどの図と前後の色が変わります。

[3色]のグラデーションを設定

[3色]のグラデーションを設定しました。最も暗い部分がピンク、中間が白、最も明るい部分がブルーになっているのが分かります。

3. グラデーションマップの使い方

グラデーションマップを設定する方法は2つあります。

Step01 グラデーションマップの調整パネルを開く

画像に直接グラデーションマップを適用する時
画像に直接グラデーションマップを適用する時

グラデーションマップを適用する画像を開きます。[イメージ→色調補正→グラデーションマップ]で、グラデーションマップダイアログを表示し、グラデーションピッカーをクリックします。

新規調整レイヤーでグラデーションマップを使う時
新規調整レイヤーでグラデーションマップを使う時

グラデーションマップを適用する画像を開きます。[レイヤーパネル→新規調整レイヤー→グラデーションマップ]で、新規グラデーションマップレイヤーを作成します。調整パネルまたは属性パネルのグラデーションピッカーをクリックします。

Step02 グラデーションを設定する

グラデーションを設定する

グラデーションエディターダイアログボックスでグラデーションを設定します。

プリセットの中からグラデーションを選択するか、グラデーションバーでオリジナルのグラデーションを設定します。

例として[黒~白]のグラデーションを設定しました。

グラデーションマップを適用した状態

[黒~白]のグラデーション

[黒~白]のグラデーションマップを適用しました。カラーの写真がモノクロに置き換えられました。簡単にモノクロ写真を作る事ができます。

モノクロ写真はフォトショップで白黒写真を30秒で作る方法1でも作る事ができます。

4. 色々な色のグラデーションマップの適用例

画像の明暗に合わせて、設定したグラデーションに置き換えられるので、色々な画像を作る事ができます。

モノクロ写真に[黒~白]のグラデーションマップ

モノクロ写真に[黒~白]のグラデーションマップを適用しました。白黒がはっきりしてメリハリが出てます。

[白~黒]のグラデーションマップを適用

[白~黒]のグラデーションマップを適用しました。明暗が逆になった状態なので、ネガのような画像になりました。

3色のグラデーション

先ほどの雲模様に適用したグラデーションと同じ、3色のグラデーションです。シンプルな3色刷りのような画像になりました。

エスニック調やサーモグラフィー風

エスニック調やサーモグラフィー風に。

派手なサイケデリック調

ノイズグラデーションもグラデーションマップとして使うことができます。水彩のようなちょっと不思議な雰囲気が作り出せますね。

Photoshopのシェイプツールの基本

Photoshopのシェイプの基本編です。

シェイプは図形ツールやペンツールなどで、図形やさまざまな形を作成したり、花や動物などが作れるカスタムシェイプがあります。特にアイコンを作る時に便利なツールです。

シェイプは使いこなせるようになると、オリジナルのシェイプが作れるようになります。アイコンやちょっと変わった複雑な形なども作れるようになります。

今回はまず基本編として、図形ツールで基本の形の作成方法や、オプションバーでの設定方法をまとめました。ぜひ参考にして下さい。

1. シェイプとは

シェイプとは

シェイプは点や線(パス)を組み合わせて作られた形で、イラストレーターでいうオブジェクトになります。

シェイプはベクトル画像なので、拡大・縮小・色の変更をしても画質が劣化することなく使用することができます。

レイヤーをラスタライズ

シェイプは塗りつぶしレイヤーとパスで一つのレイヤーになります。塗りつぶしレイヤーをパスがマスクしている状態です。

シェイプを変形・修正する時は、アンカーポイントを移動したりします。

消しゴムツールやブラシツールで編集する場合はレイヤーをラスタライズします。[レイヤーを選択→右クリックみぎレイヤーをラスタライズ]。レイヤーをラスタライズすると、シェイプレイヤーがビットマップ画像に変換されます。

2. シェイプで使うツールとオプションバーの説明

シェイプで使うツールとオプションバーの説明

【シェイプを作成するツール】ペンツール・フリーフォームペンツールは、自由に好みの形が作れます。長方形ツール・楕円ツール・多角形ツールは基本の図形。ラインツールはラインや矢印を作成。カスタムシェイプは、花、動物、ハートなどを簡単に作る事ができます。

【シェイプを変形・修正するツール】シェイプのアンカーポイントの増減や、位置を変えたりします。

①シェイプを作成する時は、「シェイプ」を選択します。
②ペンツールやシェイプツール。
③幾何学オプション。各シェイプのオプションを設定します。
④新規レイヤーにシェイプを作成。または、一つのシェイプレイヤーに複数のシェイプを作り、シェイプ同士で変形します。
⑤シェイプにスタイルを適用します。
⑥シェイプの色を設定します。[クリック→カラーピッカーを表示]

3. シェイプで図形を作成する方法(マウスで作成)
シェイプを作成する手順

シェイプで図形を作成する方法(マウスで作成)

シェイプツールを選択し、オプションバーでシェイプになっているか確認します。色を設定しドラッグしてシェイプを作成します。

長方形ツール・楕円ツール・角丸長方形ツール

長方形ツール・楕円ツール・角丸長方形ツール

マウスでドラッグし、縦長・横長の長方形・楕円形・角丸長方形を作成します。

[Shiftキー+ドラッグ]で正方形・正円・角丸正方形が作成できます。

[Alt+ドラッグ]はマウスポインターが中心となり、図形が中心から作成できます。

多角形ツール

多角形ツール

ドラッグするとマウスポインタが中心となって、三角(多角形)が作成されます。ドラッグした方向が多角形の向きになります。

[Alt+↑↓ドラッグ]をすると、垂直に上下の向きの三角(多角形)が作成されます。

[Alt+←→ドラッグ]をすると、水平に左右の向きの三角(多角形)が作成されます。

[Shiftキー+ドラッグ]は45°単位で角度が付けられます。

ラインツール

ラインツール

ドラッグで任意の方向・角度・長さのラインを作成します。

[Alt+↑↓ドラッグ]をすると、垂直にラインが作成されます。

[Alt+←→ドラッグ]をすると、水平にラインが作成されます。

[Shiftキー+ドラッグ]は45°単位で角度が付けられます。

4. シェイプで図形を作成する方法(オプションバーで設定)

オプションバーのシェイプツールのポップアップダイアログボックスを開きます。各シェイプによってシェイプオプションの表示が変わります。

長方形・楕円ツール

長方形・楕円ツール

【制約なし】マウスでドラッグし、必要な大きさ・形を作成します。
【四角・正円】大きさに関係なく、ドラッグすると正方形・正円が作成されます。[Shift+ドラッグ]と同じ役割をします。ここにチェックを入れたまま、[Shift+ドラッグ]をすると、長方形・楕円形になります。
【固定】幅・高さを指定してシェイプを作成します。幅・高さのどちらかを指定しない時は、指定しない方を空欄にし、ドラッグしてシェイプを作成します。
【縦横比】大きさに関係なく幅・高さの比率を指定します。[1:1]にすると正方形・正円が作れます。
【中心】マウスポインタの位置が中心になってシェイプを作成します。

角丸長方形ツール

オプションバーで角の丸みを設定します。

角丸長方形ツール

数値が大きいほど丸みが大きくなります。幅を細くするとカプセル型・丸型線端のラインも作れます。

多角形ツール

オプションバーで角数を設定し、三角形、五角形と多角形を作成します。

多角形ツール

【半径】正多角形の大きさを指定します。
【コーナーを滑らかに】角に丸みを作ります。丸みを設定することはできません。

星形

【星形】多角形の辺をくぼませて星形にします。
【辺のくぼみ】辺の中心が内側にくぼみ、数値が大きいほど内側にくぼみます。最大99%まで。星形にチェックを入れたときのみ使用できます。

くぼみを滑らかに

【くぼみを滑らかに】くぼみの滑らかな多角形を作ります。星形にチェックを入れたときのみ使用できます。

星形とコーナーを滑らかに

星形とコーナーを滑らかにチェックを入れると、角数によってお花のような形が作れます。

多角形ツールオプション

すべてにチェックを入れると、丸い星形やパンクしたような形が作れます。

ラインツール

オプションバーで線の太さを設定し、シェイプオプションでラインに矢印を設定をします。
ラインツール

【開始点・終了点】ラインの開始点・終了点に矢印が作られます。2つを選択すると両方の端に矢印が作られます。
【幅】線の太さに対し、矢印の幅をパーセントで設定します。数値が大きいほど矢印の幅が大きくなります。10~1000%まで。
【長さ】線の太さに対し、矢印の長さをパーセントで設定します。数値が大きいほど矢印の長さが長くなります。10~5000%まで。

矢印のへこみ具合

【矢印のへこみ具合】矢印のくぼみを設定します。数値が大きいほど、くぼみが大きくなります。–50~50%まで。

5. シェイプの色を変更する方法

シェイプの色を変更する方法

レイヤーのサムネイルかオプションバーのカラーサンプルをダブルクリックします。カラーピッカーダイアログボックスが表示されるので、変更する色を設定します。

Photoshopのブラシの基本

Photoshopのブラシの基本編です。

ブラシは奥が深いです。ブラシパネルではさまざまな設定ができるので、とても素晴らしい表現を作り出すことができます。ですが用語や設定値がいまいちで、何となく使ってる方も多いと思います。

今回は、まずブラシの基本としてオプションバーでブラシの設定をする方法をまとめました。

1.Photoshopのブラシとは

Photoshopにはあらかじめ、たくさんの種類の既存ブラシがあります。筆先だけでなく、スポンジのような質感があるもの、特殊ブラシという花や蝶などもあります。

Photoshopのブラシとは

Photoshopのブラシは、描画(ペイント)するためだけではありません。

「修復ブラシツール」、「コピースタンプツール」、「ヒストリーブラシツール」、「消しゴムツール」、「ぼかしツール」など、他のツールでも使い方は違いますがブラシを使います。

インターネット上にも、さまざまなブラシが配布されています。DLしたブラシファイルを読み込んで使用することもできます。

また、マウスの代わりにペンタブレットを使えば、マウスでは描けない細かい表現が出来ます。

2.ブラシで描画(ペイント)する

ブラシで描画(ペイント)する

「ブラシツール」を選択します。オプションバーのブラシプリセットをクリックし、ブラシプリセットピッカーを開きます。

すると、色々な種類のブラシが表示されます。使用するブラシをクリックして選択します。今回は[ソフト円]ブラシを選択。

ドラッグするとペイントをすることができます。直線はShiftキーを押しながら描きます。

3.ブラシの設定方法

オプションバーを使ってブラシの大きさや濃度などの設定、変更をします。オプションバーでは以下のような設定ができます。

直径・硬さ

ブラシの設定方法 直径・硬さ

直径:ブラシの大小のサイズを設定します。

硬さ:ブラシのボケ具合の調整(毛先にできるボケ加減)をします。数値を大きくするほど、周りがはっきりします。円形、四角形のみに使用できます。

モード

ブラシの設定方法 モード

レイヤーの描画モードと同じように、ブラシに直接描画モードを設定できます。

上図の上部にあるものが[乗算]、下部にあるものが[スクリーン]でブラシを重ねました。

不透明度・流量

ブラシの設定方法 不透明度・流量

不透明度:ペイントした色の不透明度を設定します。数値が低くなるほど透明になります。

クリックしたまま、ペイントを重ねても、重なった部分の色は変わりません。クリックしなおして、ペイントを重ねた部分が濃くなります。

流量:インクの流出速度(インクの量を調節するようなもの)を設定します。

クリックしたままペイントを重ねると、重なった部分の色が濃くなります。クリックしなおして、ペイントを重ねた場合も、重なった部分の色が濃くなります。

不透明度と違い、数値が低くなると、インクの量が少ないような、かすれたような表現になります。エアブラシの設定にも使います。

エアブラシ・筆圧

ブラシの設定方法 エアブラシ・筆圧

エアブラシ:エアブラシのようなボケ味あるペイントができます。

同じ場所でマウスを押していると、徐々に色が濃く広がります。ブラシの硬さ・不透明度・流量を使って調節します。

筆圧:ペンタブレットを使用して、ペンの筆圧を感知します。ブラシパネルで細かい設定をします。

4.ブラシの読み込み(追加)方法

初期設定では既存のブラシはすべて表示されていません。

既存のブラシを読み込む方法

既存のブラシを読み込む(追加)方法

ブラシプリセットピッカーのポップアップメニューを開きます。[カスタムブラシ~ウェットメディアブラシ]がブラシファイルになります。

ブラシファイルを選択し、[追加]または[置き換え]をします。

DLしたブラシを読み込む方法

DLしたブラシを読み込む(追加)方法

ブラシファイルの拡張子は「.abr」です。これ以外のものはPhotoshopのブラシとして読み込むことはできません。

DLしたファイルが圧縮されている場合は、読み込む前に解凍します。[ポップアップメニュー→ブラシファイルの読み込み]を選択します。読み込みをしたいブラシファイルを選択し完了です。

5.ブラシを作成し、登録する方法

ブラシシェイプのサイズは、CS5までは最大2500px×2500pxまで、CS6は最大5000px×5000pxまでです。
ブラシを作成し、登録する方法

新規ファイルのカラーモードを[グレースケール]、背景を[透明]に設定。

ブラシにしたい、イラストや形を作成したら、[編集→ブラシを定義]これでオリジナルのブラシが登録されます。

ブラシは色々な色で作成しても、登録する時に自動的にグレースケールになります。ただ、ペイントをした時に思ったようなボケや、濃度が出ない場合があります。これを防ぐため、登録する前にグレースケールに変更します。

カラーのイラストを使用する場合は[イメージ→モード→グレースケール]にします。

6.作成したブラシをブラシファイルとして保存する方法

作成したブラシをブラシファイルとして保存する方法

オリジナルのブラシは[ブラシを定義]するだけでは、初期化や、削除をするとPhotoshopからなくなってしまいます。ブラシを作成したら、必ずブラシファイルとしても保存します。

ブラシ専用フォルダーを作り[ポップアップメニュー→ブラシを保存]。これでブラシファイルが作成され保存されます。

7.ブラシを削除する方法

後で使うかもしれないと思うものは、ブラシを削除する前に、ブラシファイルとして保存されているか確認します。
ブラシを削除する方法

ブラシを整理する時や、必要のないブラシをまとめて削除する時は、[プリセットマネージャー]を使うと便利です。[ポップアップメニュー→プリセットマネージャー]で開き、Shiftキー、Ctrlキーを使ってまとめてブラシを削除します。

[ブラシプリセットピッカーのブラシを選択→右クリック→ブラシを削除]でもブラシは削除できます。

このページのトップヘ